【ほうれい線ヒアルロン酸】で失敗したくない!売れてるマイクロニードルパッチ比較

ほうれい線のヒアルロン酸注射で失敗!デメリットや後遺症

 

 

ヒアルロン酸注射をすることで気になるシワの悩みを解消したり、
涙袋を作って魅力的な目元にしたり、小さなバストを理想の形に
整えたりというようなことが可能です。

 

プチ整形で行えるので手軽な料金でできる美容施術となりますが
デメリットや後遺症のリスクはゼロではありません。

 

ヒアルロン酸注射のデメリット

 

ヒアルロン酸注射の効果は永遠ではありません。そのため1回注射して
しばらくして体内に吸収されていけば再度打ち直ししなければいけないのです。

 

これをずっと繰り返していかないといけないというデメリットがあります。

 

注入の際には痛みを伴いますし、顔がはれたり内出血のリスクもあります。
さらに施術する先生の技術によって理想の仕上がりにならない可能性もあります。

 

ヒアルロン酸注射の後遺症

 

注入後に注入部分が凸凹してしまったというケースがあげられます。

 

注入量が悪い、ヒアルロン酸の質が悪い、
先生の技術の問題がこれらの後遺症に繋がります。

 

施術を行う前にはカウンセリングがありますのでよく話を聞いて
施術するか決めましょう。また料金だけで病院を選ばないことも大切です。

 

先生の症例数や症例写真も確認しておいたほうが安心です。
身近にヒアルロン酸注射をした人がいればその人の話を聞いてみるのも良いです。

ほうれい線を消す!よく言われる5つの方法

・マッサージ、ツボ
・クリーム
・器具
・サプリ
・整形

 

お金をかけずに出来るほうれい線のマッサージやツボについては
YOUTUBE動画でたくさん紹介されてますので参考になりますよね。

貼って寝るだけ!世界初マイクロニードルパッチ

マイクロニードルパッチとは

 

 

美容成分でできたミクロサイズのニードルがついたシート状のパッチ。
それを目元やほうれい線など、気になる箇所に貼るだけで、

 

「ヒアルロン酸注射」のような高い効果が得られる。

 

使い方は本当に簡単です。

 

1.寝る前に洗顔後、化粧水でお肌を整える
2.パッチシートを気になるところに貼る
3.軽く指で2,3回押さえる
4.そのままの状態で寝る
5.翌朝ゆっくりシートをはがす

 

とにかく貼って寝るだけなのでなんの努力も要りません。
朝起きるたびに気になるシワがふっくらしてたらどうですか?

 

私が気になった商品をランキングで紹介します。

「マイクロニードルパッチ」おすすめ商品をランキングで紹介

ヒアルロン酸注射は選択すべき?

・ヒアルロン酸注射にかかる値段

 

ヒアルロン酸注射にかかる値段の相場ですが、
注射をする部位により価格の相場が変動します。

 

その中で価格の相場が余り変動しない部位についてのみ紹介をします。

 

まず、目元の部位については相場は東京で6万円前後になります。
大阪になりますとお値段にかなり差がありまして相場としては
4万円前後から目元の部位のヒアルロン注射になります。

 

腕など顔から遠い部位ですと大傘では一律で2万円くらいの価格で
ヒアルロン酸を注射するクリニックが多数ありましたので2万円前後となります。

 

東京と大阪では値段に差があり東京については相場は
かなり決まっていない物が多いため相場は出し難く腕の部位の注射にいたっても

 

2万円から6万円くらいの差があり、
相場を出し難いため価格が安定している目元の部位のみの相場を記載しました。

 

ヒアルロン酸の種類について相場が変動しているため目元は安定していましたが
それ以外の部位については注射するヒアルロン酸がたくさんあるため
相場が変動してしまうため正確な相場は出し難いものとなります。

 

ですが、一番相場が高いほうれい線の注射が約9万円前後でしたので
それを上回る料金については余りありませんでした。

 

東京では目元が6万円くらい,ほうれい線が9万円前後です。
大阪はそれよりも2万円安くなる傾向にあるクリニックがありました。

 

・ヒアルロン酸注射にはどんな副作用がある?

 

ヒアルロン酸の注射の副作用ですが、
注射器からの感染症による副作用が多数あります。

 

感染症とは注射機器の戦場が不十分であったりした際、細菌に感染し、
肌の細胞が破壊されてしまうといった副作用があります。

 

こちらの副作用については最近を除去する薬剤を注入したり、飲み薬などを使用し、
最近を排除することにより副作用を抑え、または副作用を除去することが出来ますが

 

近年では注射器を使いまわすことも少なくなっているため、
あまり起こりえない副作用になりました。

 

他には誤って皮膚ではなく、血管側にヒアルロン酸を注射してしまい
血流が遮断されたことによる細胞の壊死などがあります。

 

施術をするにあたり血管に注射を打たない限り起きない副作用ですので
こちらの副作用は医師がきちんと資格を持っているかどうかによるものであり、
施術事故であるとされることもあります。

 

また、ヒアルロン酸注射の内出血に関してはこちらは血管に注射の針が触れたことにより
出血をしているだけで血管内にはヒアルロン酸が混入されていないため、
細胞が壊死することは無く、あくまでも内出血に留まります。

 

内出血は時間と共に収まりますので、
その間はお化粧などをしてごまかすしか解決する方法はありません。

 

・ヒアルロン酸注射の効果は?どれぐらいの期間もつ?

 

ヒアルロン酸注射の効果は注射をする量が多ければ多いほど長時間持ちますが、
体内で吸収されやすいため初回であればすぐにヒアルロン酸が体内で分解されるため、
1ヶ月ないし2ヶ月持てば良いほうになります。

 

2回目以降から体がヒアルロン酸注射を不純物とみなさなくなるため効果時間が長くなります。

 

2回目以降から同じヒアルロン酸を注射した際、
1年間や2年間ヒアルロン酸注射によるシミやシワの改善効果が持続します。

 

ですが、2回目からの効果時間の持続性ですが個人差がありますので
おおよそ1年以上持てばそれで良いというものと考えましょう。

 

手軽にできるシミや小ジワの対策としてヒアルロン酸を注射する方法で
肌質を改善しますが効果は手術などと比べると、手軽にできる分効果の持続性は短いです。

 

定期的に注射を繰り返すことでヒアルロン酸を体の免疫が異物と感じなくなるため
効果時間が長くなるというだけで定期的にヒアルロン酸を注射しなければ
シワやシミを消す効果を得ることが出来ないと考えましょう。

 

ヒアルロン酸は手軽にできる施術なた目、
一生保てる美容術ではないので定期的にヒアルロン酸を注入する必要があり、

 

その頻度も人により異なりますのでどれくらいの期間を保てるかについては
かなりあいまいで最低でも2回目以降の注射については
4ヶ月持てばよいくらいと考えるのが一番良いでしょう。

page top